助成金申請サポート
ホーム > 助成金申請サポート

助成金申請サポート

「労務管理も重要だが,助成金にも対応した就業規則がほしい。」

このような経営者様のご要望にお応えするため,
当所では,助成金に強い社会保険労務士の菅原伸也先生と連携し,
経営者様の助成金申請をサポートする体制をとらせて頂いております。
 
労働問題に強く,助成金にも対応した就業規則をご希望の方は
 まずは,お電話又はお問い合わせフォームからごお問い合わせ下さい。
お電話でのご相談は,初回30分無料です。

TEL:048-477-6154

 
————————————-
 <菅原伸也先生のご紹介>
————————————-
昭和61年6月16日 宮城県栗原市 生まれ
平成19年 行政書士試験合格 
平成21年 専修大学法学部卒業 
平成22年 行政書士菅原法務事務所設立
平成25年 社会保険労務士試験合格
平成27年 アクセス社会保険労務士事務所設立

所属団体
東京都社会保険労務士会(登録番号・第13150463号)
東京都行政書士会(登録番号・第10082261号)

————————————————-
 <菅原伸也先生から事業主の皆様へ>
————————————————–
「助成金って本当にもらえるの?」
この様なご質問を受けることが多々あります。
私たち、社会保険労務士が専門的に扱う「雇用助成金」、
実は事業主が毎年収めている雇用保険料が財源となっているのです。

従業員の方は、退職後の失業保険や職業訓練を受ける際に、
この雇用保険の制度を使い様々な国の支援を受けることができます。

ですが、通常の事業をしているだけでは事業主が
この雇用保険を活用できる機会はほとんどありません。

「雇用保険は従業員のための制度」とお考えの事業主様も
いらっしゃることでしょう。

そこで、事業主の方々には是非「雇用助成金」の活用をお勧めしたいのです。

国(厚生労働省)は、従業員を雇用し育成する事業主のために
様々な助成金を用意しています。

事業主が負担している雇用保険料を掛け捨てにさせないために、
実は国も助成金を出すことによって事業主を支援しているのです。

国が従業員を雇用する事業主を支援する制度。これが助成金です。

事業主の皆様には是非この助成金を活用していただき、
事業の活性化を図っていただきたいです。

助成金申請で重要なのは就業規則です!
助成金を申請するためには、必ず就業規則の作成が必要となります。

この就業規則が正しく作成されていないと、
助成金が受給できないということにもなりかねません。

助成金申請時に提出する就業規則は、単に作ればいいというものではありません。

「労働時間」や「給与の計算」、「休日」や「有給休暇」等が
就業規則のとおり適正に運用されているか、労働局の厳しい審査が入ります。

国からお金をもらう制度ですから、審査が厳しいのは当然です。

助成金申請に利用する就業規則は、
是非とも専門家への作成をご依頼されることをお勧めします。
 
助成金申請は専門家である社会保険労務士へ!
厚生労働省が管轄する「雇用助成金」に関する申請は
社会保険労務士の独占業務となっています。

助成金申請の際には、日頃の労務管理が適切に行われているか否かが
審査の大きなカギになります。

また、一言に雇用助成金といっても、種類が非常に多く内容もかなり複雑です。

参考までに、雇用助成金の種類一覧URLを下記に掲載させていただきます。
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/koyouantei.html

この、数ある助成金の中から御社に適する助成金をご提案させていただき、
適切な労務管理アドバイスのもと、助成金の安全な支給申請をサポート致します。
 
 

お問合せ

お電話は全て所長の伊藤が承ります。そのため,タイミングによっては,お電話に出れない場合もございます。その際には,留守番電話にご要件をお残し下さい。原則1営業日以内に,こちらから折り返しお電話致します。