就業規則作成をご検討の方へ
ホーム > 就業規則作成をご検討の方へ

就業規則作成をご検討の方へ


結論から言いますと,

従業員数に関わらず,就業規則はあった方がよいです。

以下,その理由のご説明です。

就業規則は「ないと不利」

労務管理の実務上では,
就業規則がないと,会社側に間違いなく不利に働きます。


誤解をおそれずに言いますと
実は,就業規則があったからといって
問題が解決できたというケースは
実はあまり多くありません。

では,「就業規則は意味ないのでは?」,

と思われるかもしれませんが,違います。


労働問題を”労働者との闘い”に例えた場合,

就業規則があっても戦いに勝てるとは限りませんが

就業規則がなければ,間違いなく不利です。

就業規則がないと,戦いの前に
大きなハンデを負っているようなものです。


つまり,就業規則は「あって当たり前」「ないと不利」なのです。
就業規則があって,初めてスタート地点だとお考えください。

適切な就業規則があって初めて戦いの土俵に立てるのです。


なお,就業規則は,従業員数が10人以上の場合
法律上,必ず作成しないといけません。

ですが,従業員数が10人未満であっても
就業規則を作成することを強くおススメ致します。

労務管理の実務上では,従業員の人数に関わらず,
就業規則がないと,会社側に間違いなく不利に働くからです。


「不利」の具体例

では,就業規則がないと,
具体的に会社側にどのような「不利」があるのでしょう。

以下,具体例を説明致します。

◆ 解雇や懲戒処分が困難
解雇や懲戒処分をするためには,就業規則などで
具体的な事由を定めておく必要があります。

そのため,就業規則などを事前に準備しておかないと
解雇や懲戒が困難になります。


◆ 残業や休日出勤を拒否された場合の対応が困難
残業や休日出勤を命じるためには,就業規則などで
「残業を命じられたら従う」という同意が必要です。

そのため,就業規則などを事前に準備していないと
残業や休日出勤を従業員に拒否された場合,
会社として対抗するのが困難になります。


◆ 人事異動(出張や配置換えなど)を命じることが困難
人事異動を命じるためには,就業規則などで
「人事異動を命じられたら従う」という同意が必要な場合があります。

そのため,就業規則などで事前に準備をしていないと
人事異動の命令を従業員に拒否された場合,
会社として対抗するのが困難になります。


◆ 従業員の日々の管理に支障をきたすリスク
従業員が就業するにあたって遵守すべきルールは,
事前に周知啓発して同意を得ておくことが無難です

そのため,就業規則などで服務規律を定めていないと,
従業員が会社のルールや指示命令に従わない場合に
会社として対抗するのが困難になります。


なお,上記の各内容は,就業規則の代わりに
従業員と個別に締結する「労働契約書」でも
対応が可能な場合があります。

ただし,記載すべき内容の濃さと多さ,
そして,
全ての従業員に共通の労働条件である点を考慮すると
統一的・画一的に「就業規則」としてまとめるのが
わかりやすいですし,運用上も手間が少ないです。


・・・・・・・・・・・・


最後に,繰り返しになりますが
従業員数に関わず,就業規則はあった方がよいです。

当所では,小さな会社の実態にあった就業規則を
お客様の規模感にあわせた低価格(3万円から)で作成致します。






就業規則の作成に少しでもご興味がございましたら,

まずはお気軽にご連絡ください。

社長のご不安・ご希望をお聞かせください。
一緒に解決していきましょう。






  |  


お問合せ

お電話は全て所長の伊藤が承ります。そのため,タイミングによっては,お電話に出れない場合もございます。その際には,留守番電話にご要件をお残し下さい。原則1営業日以内に,こちらから折り返しお電話致します。

所長プロフィール

就業規則作成メニュー

お客様の声

ブログ

就業規則お役立ち情報

事例と就業規則の有効性

その他サービスメニュー

  • プライバシーポリシー


    当サイトでは,プライバシー保護のため,ジオトラストのSSLサーバ証明書を使用し,SSL暗号化通信を実現しています。