雛型の危険性
ホーム > 雛型の危険性

雛型の危険性


 就業規則の作成において,
インターネットや
市販書籍の付録などにある
雛型を利用することは良いと思います。

就業規則をゼロから作成することは現実的には難しいですので

雛形を使うことは,むしろ当たり前です。

ただし,雛型の中身を確認せずに,
会社名だけ変更して使用することは大変危険です。

例えば,ある雛形では,
残業代の割増率が労働基準法で定める最低基準より
高めに設定しているものがありました。

残業代の割増率を高めに設定することは

一概に悪いとは言いません。

経営戦略として割増率を高めに設定する場合もあるからです。

しかし,貴社でもそれを採用しますか?


「適正な就業規則」は,会社によって違うのです。

上記の残業代の割増率の話は,あくまで一例です。

上記のような「会社によって違うルール」は
いろいろとあるはずです。

そのため「雛型はあくまで雛型だ」ということを認識して,
自社にあった内容に加筆修正することが必要です。


お問合せ

お電話は全て所長の伊藤が承ります。そのため,タイミングによっては,お電話に出れない場合もございます。その際には,留守番電話にご要件をお残し下さい。原則1営業日以内に,こちらから折り返しお電話致します。