2013.10.15 労働問題の予防
ホーム > 2013.10.15 労働問題の予防

2013.10.15 労働問題の予防

労働問題を予防するための
ポイントはなんなのでしょうか?

いろいろな考え方があると思いますので,
一概に「これ」という正解はないと思いますが,

個人的には,
以下の2点が重要だと考えています。

(1)  労働契約の内容を明確化する
(2)  明確化した契約内容に対して労働者の同意を得る

実務上は「言った・言わない」の話にならないよう,
上記の2点を口頭ではなく,書面にすることが大切でしょう。

書面とは,具体的に言えば
「労働契約書」や「就業規則」です。

なお,法的なルールをいえば,

一定の労働条件に関しては
書面の交付が必要(※労基法_第15条)ですが,
「労働契約書」の作成義務まではありません。

また,就業規則に関しても,
労働者数が10名未満であれば,
作成義務はありません(※労基法_第89条)。

ですので,
労働者数が10名未満の会社さんであれば,

「労働契約書」や「就業規則」を
作成するかどうかは,社長さんのご判断次第です。


労務管理に正解はありませんが,
「労働契約書」や「就業規則」があれば防げたかもしれない,
と感じる労働問題があることも事実。。

適切な内容の「労働契約書」や「就業規則」の存在は,
労働問題の予防に寄与するものだと思います。

多少なりとも労働問題にご不安があれば,

「労働契約書」や「就業規則」を
作成されることをおススメします。

 

  |  


お問合せ

お電話は全て所長の伊藤が承ります。そのため,タイミングによっては,お電話に出れない場合もございます。その際には,留守番電話にご要件をお残し下さい。原則1営業日以内に,こちらから折り返しお電話致します。