2012.03.05 読みやすさ
ホーム > 2012.03.05 読みやすさ

2012.03.05 読みやすさ

昨日の日曜は,家でゆっくりです。
久しぶりに,仕事と全く関係ない本(小説)を読みました。

『鉄の骨』 著者は池井戸潤さんです。

期待どおりのおもしろさで,アッという間に読破です。

普段読むことが多い専門書を比べると,
同じ日本語の書物だとは思えません。

「小説」と「専門書」の違いがあるにしても,です。

そこで,ちょっと考えたのが就業規則のあり方です。


就業規則は,ひらたく言えば,
会社と従業員との「契約書」です。

契約書ですので,
小説のようにおもしろいはずはありませんが,

それにしても,読みやすいに越したことはありません。

たまに保険の約款のような,
濃厚な就業規則を見ることがありますが,
専門家の私でさえ読む気が萎えます。

従業員さんであれば,なおさらでしょう。
(それが狙い?)

当所で作成する就業規則は,
シンプルに,読みやすいように気をつけていますが,
まだまだ改善の余地がありそうです。

「難しい内容を,簡単に書く」

これが,じつは難しい。

内容を深く理解していないと,
どこを削って良いのか判断できませんからね。

内容だけでなく,読みやすさも,
今まで以上に追求していきたいです。

 

  |  


お問合せ

お電話は全て所長の伊藤が承ります。そのため,タイミングによっては,お電話に出れない場合もございます。その際には,留守番電話にご要件をお残し下さい。原則1営業日以内に,こちらから折り返しお電話致します。