就業規則の見直し時期
ホーム > 就業規則の見直し時期

就業規則の見直し時期

(2015年4月27日投稿)

就業規則の見直し時期に関しては,
特に法律上の定めはありません。

労使間の決めがあれば,
それに従いますし,

就業規則に見直しに関する規定があれば,
それに従うことになるでしょう。

特に労使間の取り決めがなければ,
就業規則を見直す法的義務はありません。

しかし,法的義務はないとはいえ,

実務上は,できれば毎年1回,少なくとも3年に1回,
就業規則の見直しをすることをおススメします。

その理由は二つ。

まず,一つ目の理由は,
法改正への対応が必要だから,です。

労働法は,しばしば法改正があります。

特に今年は,大きな法改正がありましたので,
就業規則の見直しが必要かと思います。


次に,二つ目の理由は,
会社の実態にあわせたメンテナンスが必要だから,です。

会社自体も日々変化があるはずです。
特に,開業後の数年は変化が激しいと思います。

そうすると,就業規則の内容が,
実態とズレてくることが多々あります。

このズレを放置すると,
就業規則が実態とあっていない,
ただのお飾りと化してしまいます。。

せっかく作成したのに,
これではもったいないですよね。

特に初めて作成してから3年位は,
毎年見直しをすることをおススメします。

・・・・・・・・・・・・・・

作成してから見直しをせずに,
あまりにも時間が経ちすぎてしまった場合,

見直し作業と,改定作業を行うより,
思い切って一から作り直した方が早い場合もあります。

そうならないためにも,

できれば毎年1回,少なくとも3年に1回,
就業規則の定期的な見直しをおススメします。


  |  


お問合せ

お電話は全て所長の伊藤が承ります。そのため,タイミングによっては,お電話に出れない場合もございます。その際には,留守番電話にご要件をお残し下さい。原則1営業日以内に,こちらから折り返しお電話致します。